世界初!紫外線/光触媒ハイブリッドフィルタを搭載した大空間用空気清浄機を実現

紫外線UV-A照射で新型コロナウイルスSARS-CoV-2を短時間に不活化出来る事を実証

株式会社ドゥエルアソシエイツ(本社:大阪府大阪市、社長:綱澤正泰)は、紫外線UV-Aを照射光とする新コンセプトの紫外線 /光触媒ハイブリッドフィルタの開発に成功し、200m²以上の大空間用の空気清浄機を実現しました。本機により、窓を開放するいわゆる“換気”に近い室内空気の清浄化ができるようになります。

※奈良県立医科大学とともに、医学知識を全ての産業に導入するMBT(Medicine-Based Town)活動を行う一般社団法人です。

1.紫外線UV-A照射による光触媒フィルタのコンセプト

図1

図2

大空間の空気清浄を実現する為に大風量下における光触媒フィルタの除菌性能を大幅に改善しました。二酸化チタンの微粒子集合体を約3~8mm径の球状に成形*し、これをハニカム構造の支持体に複数個配置して表面積を増大させると共に、フィルタ内の空気流に乱流を発生させ効果的にウイルス等が触媒球表面に付着する設計です。

触媒球表面に付着したウイルス等は、紫外線の照射によって短時間に不活化されます。特に、新型コロナウイルスに ついては、奈良県立医科大学医学部微生物感染症講座及びMBTコンソーシアムによって、紫外線UV-A照射で不活化される事が実証されています。( 参照:同大学HP)

図2において、光触媒の表面ではUV-A照射によって効果的に新型コロナウイルスが不活化されている事(グレー線)が示されています。なお、光触媒の表面においては、UV-A照射によって不活化されたウイルスは引き続き本来の光触媒反応により、水H2Oと二酸化炭素CO2に分解され、空気中に放散されます。

*光触媒球には有機バインダ成分が入っていない為、紫外線による劣化を防止する 事ができ長期信頼性を確保しています。

2.空気清浄機ALUCUREの強力なフィルタ構成

図3

ALCUREは4種のフィルタとイオンクラスターモジュールから構成されています(図3)。第1段のプレフィルタでは塵や繊維等を除去します。第2段のカーボンフィルタでは化学物質を除去します。第3段のHEPAフィルタでは花粉やPM2.5等の微粒子を除去します。第4段の当社オリジナル光触媒フィルタでは先ずUV-Aにより直接 新型コロナウイルスを不活化し、更に触媒球表面において不活化されたウイルスや 有機物を水H2Oと二酸化炭素CO2に分解します。第5段のイオンクラスタモジュールから発生したイオンによって第4段を通過してしまったウイルス、及び清浄機内や室 内空間に浮遊しているウイルスを不活化します。

このような強力なフィルタ設計で、大量の空気を短時間に清浄化する事ができるようになりました。このフィルタ群と低消費電力かつ静粛性の高いツインファンと エアジェットノズルとを組み合わせる事で、200m²以上の広大な空間へ大量の清浄な空気を送風する事が可能になり、窓を開放するいわゆる“換気”に近い清浄性能を 現しています。(特許出願中)

奈良医科大学

空気清浄機ALCURE